×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガルシアマルケス トートバッグの種類も豊富!情報!

ガルシアマルケス トートバッグの種類も豊富!

カテゴリー :ガルシアマルケス トート

ガルシアマルケスのバッグの中でもおそらく一番人気なのがサンジェルマンではないでしょうか。
サンジェルマンとはガルシアマルケスのバッグのメインのシリーズです。形は底が楕円形で口の広いタイプでヒッピーの柄がプリントされたものが多く、ナイロンヒッピーやボンボンヒッピー、スターヒッピーなどいろいろなサンジェルマンが出ています。
サンジェルマンには数種類のバッグのサイズがあり、用途に応じて選べるようになっています。どれもガルシアマルケスらしくポップで、カラーもシルバーやゴールド、ピンク、ラメ入りなど華やかなものが多くなっています。サンジェルマンは中でも持ちやすく、一番しっくり馴染むタイプのトートバッグではないでしょうか。またリバーシブル仕様になっていたり、金具を留めて形を変えられたりと楽しめるのはもちろんのこと、持ち手にレースをあしらってあったりするのもサンジェルマンの特徴です。
サンジェルマン意外にも、横長タイプの「サントノーレ」というタイプがあって、底が浅くてバッグの中も見やすいのでカバンの中で小物が迷子になることも少なく、使いやすいトートバッグです!

コラム > ガルシアマルケス トートバッグの種類も豊富!について書かれています。

ガルシアマルケス サンジェルマントートとサントノーレトート

カテゴリー :ガルシアマルケス トート

ガルシアマルケスのバッグはその型によって独自に名前が付けられています。トートバッグにはサンジェルマンやサントノーレと呼ばれるバックがあります。サンジェルマンは底が楕円のタイプでサントノーレはそれよりも横長で普通のトートバッグに近い形です。またクローネというタイプもあります。
クローネはボストンバッグに近い形ですが、底が平らではなくドラムバッグのようなフォルムをしたかわいいバックです。さらにガルシアマルケスではポーチも人気ですが、カフェリップというものがあります。カフェリップはちょうどポーチのようなもので小物やアクセサリー、化粧品を入れるのにちょうどよさそうです。どの商品にも個性的な可愛い名前がついていて、おしゃれですよね♪
またショルダーバッグもファンが多いようです。これらのバッグは百貨店や直営店などのショップでも購入できますが、ガルシアマルケスは通販で取り引きされることも多いです。特に人気はメタリカルという直営ショップです。ガルシアマルケスのメタリカルとは、岐阜県高山市にあるガルシアマルケスの直営店であり、正規販売店です。バッグなどもインターネット通販で購入、予約することができます。バッグの他、トップス、ボトム、グッズなどを、画像を見ながらショッピングすることができます。また、ガルシアマルケスのモバイルサイトも充実しています。なんといっても直営店なので安心してショッピングを楽しむことが出来ますよね!

コラム > ガルシアマルケス サンジェルマントートとサントノーレトートについて書かれています。

ガルシアマルケス スウェディッシュ トート

カテゴリー :ガルシアマルケス トート

ガルシアマルケストートは、ガルシアマルケスのバッグの中でも人気の商品です。ガルシアマルケスのバッグは、種類も多いのですが、特にトートバッグの種類はとてもたくさんあります。ガルシアマルケスのバッグの中でトートという名前がついているのは、スウェディッシュトートだけですが、一般にいわれるトートバッグのタイプは、スウェディッシュ トートを含めて18種類ほどあります。
ガルシアマルケスのトートの特徴は、ポップでで楽しくて、可愛いデザイン。それに加え、エレガントさも兼ね備えているデザインと、リバーシブル仕様になっている、ということでしょうか。デザインによっては、リバーシブル仕様ではないものもありますが、ほとんどのものが、表と裏の表情がまったく違うリバーシブルになっています。そして、ゴールドの色使いがとてもキュートでゴージャスなのもガルシアマルケス独特のものです。種類も多く、好みのトートがきっと見つかるはずですネ!
ガルシアマルケスのTOYBOXスウェディッシュトートは、黒の光沢がある生地に、ぬいぐるみや、オモチャがにぎやかに描かれているユーモアいっぱいのデザインです。裏布は、やさしいゴールドにシルバーのチェーン模様がついていて、ガルシアマルケス独特のピンクのバイヤスで縁取りされています。スウェディッシュトートですから、持ち手に金具がついていて、簡単に取り外しができます。底が長方形でマチも少なめですから、すっきりした感じになってます♪

コラム > ガルシアマルケス スウェディッシュ トートについて書かれています。